入れ歯プラスインプラントという選択肢 萩原歯科医院オフィシャルサイト 入れ歯の悩みを考える まだ間に合う歯周病治療とアフターケア 池袋インプラントあんしん歯科室 来院案内

こんな歯では生きていけない

歯が抜けたままで、このままでは残りの人生を生きていけない。
歯が悪いことは、前から分かっていたけれど・・・

何歳になっても、やっぱりキレイでいたい

今までにも入れ歯を作りました。でも、ストレスで全く入れていられませんでした。しかも、舌で簡単に外れてしまうような入れ歯だったんです。
前の歯科医院の先生の、「ひどいですね」という無神経な言葉にも傷ついて、歯科医院に行けなくなってしまいました。インターネットでずいぶん調べました。

入れ歯になって、頬がたるんできたのも、悲しく思っていました。
萩原先生は、一生、良い状態のまま維持することにも、真剣に取り組んでいるので、そのことも、とても安心です。もう、何度もやり直すことは嫌ですから・・・

萩原歯科医院 院長から

患者さんは、ご自分の歯に強いコンプレックスを持っていました。
そこに追い討ちをかけるような、心無い歯科医師の言葉が襲いかかりました。患者さんの精神的な痛みにまで心を寄せずして、最良の治療はできるはずもありません。
私たちは、患者さんとの共通の治療目標として総入れ歯にしないこと、話しやすく、食べやすく、美しいお口の状態を作ること、そして、治療後の良い状態を維持することを確認しました。

治療前

下顎の状態です。とりあえず、歯が残っているように見えますが、何本もの歯の根が折れ、奥歯のブリッジは外れていて、歯肉の上に乗っているだけです。しっかりとした歯は1本もありません。

治療後

治療後

下顎は、インプラント治療をして、まったくご自分の歯と同じ状態に回復しました。もちろん、取り外しもありません。上顎は、筋肉の動きを考えた吸着の良い入れ歯を作り、とても美しく安定した口元になりました。

患者さんから

「きちんと噛めるので、口元のたるみがなくなりました。」
「入れ歯も安定していて、かみ合わせもよく、きちんと食べたり、話せるようになりました。」
「定期検診のシステムで、この状態を保つことができるので、とても安心です。」

私も、患者さんの心からの笑顔を回復するお手伝いができて、この上なく嬉しくなりました。
同じようなお悩みの方は、どうぞ後来院の上、お気軽にご相談下さい。
今のお困りの状況を変えるための、患者さんにとって最良の治療法を提案いたします。
どんな状況にも対応できるよう、常に新しい治療法の講習会に参加して、技術と知識の獲得に努めています。
それぞれの治療法の利点・欠点もお話しいたしますので、どんな治療法で、どのように進めていくのが良いか、ご一緒に考えていきましょう。