入れ歯プラスインプラントという選択肢 萩原歯科医院オフィシャルサイト 入れ歯の悩みを考える まだ間に合う歯周病治療とアフターケア 池袋インプラントあんしん歯科室 来院案内

人並みの口元を取り戻す

顔が変形してきました...今の入れ歯では、口の片方でしか噛めないんです。
無くなった歯のことを考えると、
悲しく、情けなく、恥ずかしい気持ちでいっぱいです。

入れ歯であることを知られなくて10年来、誰にも言えずに悩んでいました。

歯は、健康、若さ、知性のシンボルだと思います。
前回、思い切って行った歯科医院では、これ以上は無理と、治療を断られました。

今度こそしっかりと治療に通い、より良い50代を迎えたい

ずっと悩み続けた歯の問題を、今回の治療で最後にしたくて、長く使える治療をしてくれる萩原歯科医院を見つけました。
とにかく、人並みな口元になりたいと思いました。

萩原歯科医院 院長から

患者さんの上のブリッジは完全に外れていて、自分で土台の歯に差し込んで何とか見た目を保っていました。いつも、外れないか気になって仕方がなかったようです。
私たちは、患者さんとの共通の治療目標として口元を気にしない快適な生活を、もう1度獲得すること、そして、お口のことで悩まなくてすむように、今回の治療を最後にしたいことを確認しました。

治療前

治療前

上の前歯はブリッジですが、完全に外れていて、ご自分で差し込んでいるだけで、すぐに外れてしまいます。土台の歯も重症の歯周病でふらふら動き、ほとんどの歯が抜けそうな状態です。下前歯の何本かだけが比較的良い状態でした。

治療後

治療後

下顎は、抜けた歯のところにインプラント治療をして、まったくご自分の歯と同じ状態に回復しました。上顎は、安定性の良い入れ歯を作りました。
治療中は、必ず仮歯を作るので、他の人に気付かれずに、治療を進めることができます。

患者さんから

「顔の曲がりが解消されました。」
「これからは自信を持って笑うことができます。」
「長年の悩みから解放されて、本当にほっとしています。」

私も、患者さんの心からの笑顔を回復するお手伝いができて、この上なく嬉しくなりました。
同じようなお悩みの方は、どうぞ後来院の上、お気軽にご相談下さい。
今のお困りの状況を変えるための、患者さんにとって最良の治療法を提案いたします。
どんな状況にも対応できるよう、常に新しい治療法の講習会に参加して、技術と知識の獲得に努めています。
それぞれの治療法の利点・欠点もお話しいたしますので、どんな治療法で、どのように進めていくのが良いか、ご一緒に考えていきましょう。