入れ歯プラスインプラントという選択肢 萩原歯科医院オフィシャルサイト 入れ歯の悩みを考える まだ間に合う歯周病治療とアフターケア 池袋インプラントあんしん歯科室 来院案内

見通しは暗いのでしょうね

 

治療前

中学生のころから、歯周病に悩まされてきました。
今も歯がグラグラして、食事がおいしくありません。

歯ぐきから出血するし、口臭も心配です

中学のときに、歯肉を切除されたのが、トラウマになっています。 理由もいわずに、いきなり歯を削られたこともありました。 実は他の歯科医院に通院中ですが、不信感があるのです。

予算をはっきり教えてくれないんです

萩原歯科院では、きちんと検査をして、結果を示してくれて、納得のいくまで説明をしてくれるので、ここしかないと思って、選びました。

萩原歯科医院 院長から

患者さんのお口の中は、抜けてしまった歯はそれほど多くは無いものの、全体にわたって重症の歯周病でした。噛むこともできないほど、ぐらぐらの状態です。
私たちは、患者さんとの共通の治療目標として 歯周病治療も含めて快適な食生活を送れるような状態を回復すること、まだ40代なので、治療後の良い状態を長くもたせ、これ以上悪くしないことを確認しました。

治療前

治療前

治療前の状態です。 上の左の奥歯にびっしりと歯石がつき、膿も出ています。歯肉もうっ血して赤黒く、奥の方の歯は周りの骨が溶けてしまっていて、抜けていました。

治療後

治療後

下顎は、奥歯の部分にインプラント治療をして、ご自分の歯と同じ状態に回復しました。
上顎は、残った歯の保全も考えて、ミリングテクニックを使った超精密な部分入れ歯をつくりました。
歯周病治療で歯肉も健康になっています。

患者さんから

「仕事も忙しく、治療を何度もやり直すのは、時間的にも、経済的にも、もったいないので きちんとしたメインテナンスシステムがあるのが、大変ありがたい。」
「これほどきちんと検査をして、計画まで提示してもらったのは初めてで、安心して治療を 受けることができた。」

私も、患者さんの心からの笑顔を回復するお手伝いができて、この上なく嬉しくなりました。
同じようなお悩みの方は、どうぞ後来院の上、お気軽にご相談下さい。
今のお困りの状況を変えるための、患者さんにとって最良の治療法を提案いたします。
どんな状況にも対応できるよう、常に新しい治療法の講習会に参加して、技術と知識の獲得に努めています。
それぞれの治療法の利点・欠点もお話しいたしますので、どんな治療法で、どのように進めていくのが良いか、ご一緒に考えていきましょう。