入れ歯プラスインプラントという選択肢 萩原歯科医院オフィシャルサイト 入れ歯の悩みを考える まだ間に合う歯周病治療とアフターケア 池袋インプラントあんしん歯科室 来院案内

もう、ハンカチはいらない

いつも口元をハンカチで隠しておしゃべりをしていました。
口を開けることが恥ずかしく、年中歯のことが気になっていました。

そうですね、歯が悪くなっても笑うことが少なくなっていました。

今までに何回も入れ歯を作りましたよ。でも、気持ちが悪くて入れていられないんです。自分で入れ歯を削ったこともあります。歯科医院に行くと、怒られるので、そのうちに行かなくなりました。もちろん、こんな状態ではいけないと思っていました。 もっと前からきちんとした治療をしておけばよかったと・・・。

でも、しんらいできる歯医者と出会わなかったのです

萩原歯科院には、インターネットで10時間も調べてやっとたどり着きました。とにかく、使える入れ歯が欲しかったし、人前に出られる口元になりたかった。

萩原歯科医院 院長から

患者さんは、歯が悪いことで、笑うことも、人前に出ることも少なくなっていました。 歯を失ったことが、患者さんの楽しみをひどく制限していたのです。 私たちは、患者さんとの共通の治療目標として 話せて、噛めて、自信を持って笑うことができお口の状態を作り直すことにしました。

治療前

治療前

治療前がこの状態です。かろうじて根だけが残っていて使えない歯も何本かあります。

治療後

治療後

下顎は、奥歯の部分にインプラント治療をして、まったくご自分の歯と同じ状態に回復しました。上顎は、インプラントを植立して、入れ歯の支えとし、ごく小さい入れ歯を作って、違和感を解消しました。

患者さんから

「とにかく嬉しい。」
「こんな歯医者さんに出会えて。

私も、患者さんの心からの笑顔を回復するお手伝いができて、この上なく嬉しくなりました。
同じようなお悩みの方は、どうぞ後来院の上、お気軽にご相談下さい。
今のお困りの状況を変えるための、患者さんにとって最良の治療法を提案いたします。
どんな状況にも対応できるよう、常に新しい治療法の講習会に参加して、技術と知識の獲得に努めています。
それぞれの治療法の利点・欠点もお話しいたしますので、どんな治療法で、どのように進めていくのが良いか、ご一緒に考えていきましょう。